Visual Basic 6.0をWindows 10(64bit)にインストールしてSP6を当てる方法

Excel VBAで書かれたプログラムを、単体アプリ(EXE)にするときには、Visual Basic 6.0は最適なソリューションです。(遠い目)


Windows 10が世に出回り始めた頃、Visual Basic 6.0をインストールしようと試みましたが、途中でエラーが起き、無理やりSP6を当ててもセットアップ段階でエラーが発生し、まともに使えたものではありませんでした。

この度インストールとSP6を当てることに成功しましたので覚書を置いておきます。

VB6滅びろと思っている人にとっては悪夢かもしれません。

事前準備

setup.exeを互換モードで、立ち上げます。

image

Visual Basic 6.0 Enterpriseのセットアップ

何も考えずそのままセットアップしようとすると失敗します。
データアクセスと、グラフィックスのチェックを外してインストールします。

image

一度再起動を促されるので、指示通りWindows再起動させます。

image

再度セットアップを実行し、データアクセスが灰色のチェックになっていれば問題ないです。
お好みに応じてグラフィックスをチェックするなり、キャンセルを押すなりしてセットアップを終了させてください。

image

Visual Basic 6.0 Service Pack 6をインストール

Visual Basic 6.0 Service Pack 6

Download Visual Basic 6.0 Service Pack 6 from Official Microsoft Download Center
Visual Basic 6.0 Service Pack 6

あとは、VisualStudio 6.0 Service Pack 6をインストールします。
インストールに失敗するときはVisual Basic6.0のインストールからやり直してください。

image

無事SP6を当てることが出来ました。

image

SP6セットアップ時に「セットアップ エラー 544」が起きる場合は以下の記事を参考にしてください。

セットアップ エラー 544 が発生してしまったときの対処法

VB6のIDEでホイールを使う方法

vb6mousewheel.exeを以下のリンクからダウンロード。
Microsoft公式のページはすでにリンク切れになっていますので、web archiveから取得します。

Wayback Machine

ライセンス確認画面

任意の場所に展開します

VB6IDEMouseWheelAddin.dllの上でSHIFTキーを押しながら右クリックします。

パスのコピーを選択します

コマンドプロンプトを管理者モードで起動

regsvr32 VB6IDEMouseWheelAddin.dll をシステムに登録します。
ファイルへのパスをコピーしてありますので、ペーストできるはずです。

Visual Basic 6.0を立ち上げ、「アドイン」 - 「アドイン マネージャ」を選択、

MouseWheel Fixを選択し、以下の項目にチェックを付けて「OK」をクリックします。

  • ロード/アンロード
  • 起動時にロード

以上の操作でマウスのホイールが使えるようになりました。

VB6は続くよどこまでも♪

これで2021年においても、VB6.0で新規開発された業務アプリを世に送り出すことができるようになりました。(なんと邪悪な・・・w)

コメント

  1. OrientalMelody より:

    助かりました。
    ありがとうございました。

  2. ねまっと より:

    当サイトを閲覧し、まずはアンインストールをと思い、セットアップオプションのチェックを全てOFFしてインストールしましたら(なぜか?)正常に登録されました。SP6もOKでした。(参考まで)

タイトルとURLをコピーしました