さくらのVPSセッティングメモ

スポンサードリンク

さくらのVPSにUbuntuを入れて色々設定していきます。

借りたVPSはSSD 20GB+512MBメモリプラン。

image

さくらのVPSで標準OSのUbuntu 16.04 amd64を選択して入れます。

image

実行確認

image

5分ほど待てばインストールは完了している。

以下はUbuntuインストール完了後の作業

SSHは既に使用可能になっているので、TeraTerm等で接続しに行けばOK

apt-getの最新化

sudo apt-get update

sudoのパスワード持続時間の変更

apt-getの更新時にパスワードを聞かれた。
これからしばらくいろいろ作業をするので、sudoでパスワード再入力させられるまでの時間を長く設定する。

sudo visudo

Defaultsが並んでいるところに

Defaults        timestamp_timeout = 60

という行を追加した。
これで60分(1時間)はパスワードを聞かれなくなります。
マイナス値を設定すると sudo時にパスワードを聞かれません。

image

Gitのインストール

sudo apt-get install git

UnZipをインストール

sudo apt install unzip

Chromeのインストール

wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_amd64.deb
sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb
sudo apt update
sudo apt -f install -y

インストールされた確認する

which google-chrome

Chrome Driverをインストール

インストールする前に

http://chromedriver.chromium.org/downloads

にアクセスして最新バージョンを確認しておく。

wget https://chromedriver.storage.googleapis.com/2.40/chromedriver_linux64.zip
unzip chromedriver_linux64.zip -d ~/bin/

インストールされた確認する
which chromedriver

IPA日本語フォントをインストール

wget –content-disposition IPAfont00303.zip http://ipafont.ipa.go.jp/old/ipafont/IPAfont00303.php
sudo unzip IPAfont00303.zip -d /usr/share/fonts/
fc-cache -fv

X Window System関連のライブラリをインストール

sudo apt-get install -y unzip xvfb libxi6 libgconf-2-4

Seleniumをインストール

sudo apt install python3-selenium

日本語化する

sudo apt-get -y install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

日本語フォントを入れる

sudo apt install aptitude
sudo aptitude install fonts-migmix
インストールされたフォントの確認
fc-match 'sans-serif'
fc-cache -fv

Seleniumの動作確認

test.py

from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.chrome.options import Options

options = Options()
options.binary_location = ‘/usr/bin/google-chrome’
options.add_argument(‘–headless’)
options.add_argument(‘–window-size=1920,1080’)

driver = webdriver.Chrome(‘chromedriver’, chrome_options=options)
driver.get(“https://www.yahoo.co.jp/“)

#現在のページタイトルを表示
print(driver.title)

#検索ボックスにキーワードを入力し、「検索」ボタンを押下する。
driver.find_element_by_id(‘srchtxt’).send_keys(“selenium”)
driver.find_element_by_id(“srchbtn”).click()

#画面遷移後のタイトルを表示
print(driver.title)

#スクリーンショットを撮る
driver.save_screenshot(‘./screeen.jpg’)
driver.quit()

実行確認

ubuntu:~$ python3 test.py
Yahoo! JAPAN
「selenium」の検索結果 – Yahoo!検索

screen.jpgの内容

screeen

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする