SeleniumBasicをインストールしてExcelから使うまでのチュートリアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Selenium Basicの入手

以下のページにアクセスして Downloadと書かれているすぐ下のリンクをクリックする

https://florentbr.github.io/SeleniumBasic/

image

SeleniumBasic-2.0.9.0.exe をダウンロードして実行する。

image

インストーラーの実行

インストーラーを立ち上げた直後のウィンドウ。
Nextをクリック

image

ライセンス条項が表示されるので、◎ I accept the argreement を選択してNextをクリック

image

特に変更する必要はないのでそのままNextをクリック

image

インストールされる先のフォルダ名を覚えておいて Installクリック

image

インストールが終わると、Firefoxのアドオンをインストールするか聞いてくるので
チェックを外して Finish をクリック。

ここでインストールさせようとしているアドオンは最新版のFirefoxでは使えません。

image

Selenium Basicを最新版のChromeに対応させる

SelenumBasicに同梱されているChrome用の制御ドライバは残念ながら最新版のChromeに対応していません。
以下のページから最新版のChromeドライバをダウンロードしてきて、手動で上書きコピーする必要があります。

https://sites.google.com/a/chromium.org/chromedriver/

赤丸で囲ったリンクをクリックしていけばダウンロードできます。

image

image

Windows版が必要なので、chromedriver_win32.zip をダウンロードします。

image

zipを解答すると、 chromedriver.exe が1ファイルあると思います。
このファイルを、Selenium Basicをインストールしたフォルダにコピー&上書きします。

image

Selenium Basicの動作確認

URL内に検索クエリが含まれておらず、Webページから検索しないと結果が出てこないようなページを取得するサンプルを用意しました。

image

以下のマクロを実行すると、某図書館のHPからSeleniumの本を検索し、結果画面のスクリーンショットをExcelに貼り付けます。
この記事を書いた時に作成したサンプルプログラムは一番下からダウンロードできます。

'Dim driver As New Selenium.ChromeDriver
Dim driver As New Selenium.PhantomJSDriver

With driver
    
    .Start
    .Window.SetSize 1920, 1080
    
    .Get "https://www.library.toyota.aichi.jp/" '豊田市図書館
    
    .FindElementByName("kensaku_keyword").SendKeys Range("SearchKeyWord") & vbCrLf
    .TakeScreenshot(5000).Copy
    Cells(4, 1).Select
    Paste
    
               
End With


image

サンプルプログラム ダウンロード

SeleniumBasic動作確認用.xlsm