最新のWindows 10でもCやC++で開発できる無料の開発環境、MinGW(GCC)のインストール方法

Windows10でも無料で使えてC言語やC++でWindowsアプリが開発できるMinGWをインストールして、実際にコンパイルできるまでのメモです。

MinGWのインストール

MinGW 32bit版をインストールします。
インストーラーは今どきのWeb型のインストーラーで、必要な物を選ばせて、
必要な物をインストーラーがダウンロードしてくるタイプのものなのでファイルサイズは小さいです。

カスタムインストールを選ばないと、スパイウェアをインストールされるような罠もないので、適当に「Yes」か「はい」を選んでインストールすればいいかと。
http://sourceforge.net/projects/mingw/files/latest/download?source=files

pexports等のインストール

http://downloads.sourceforge.net/mingw/mingw-utils-0.3.tar.gz

DLLの解析に便利なpexportsなどをインストール。
解凍して出てきたbinフォルダの中身を下で追加するPathのどこかにコピーしておけば良い。

Pathの追加

C:\MinGW\bin;C:\MinGW\mingw32\bin;C:\MinGW\msys\1.0\bin;

をPathの頭に追加すればいい。

実行してコンパイルができるか確認

コマンドプロンプトで以下のcファイルを作ってコンパイル。

hello.c

	#include <stdio.h>
	void main(void)
	{
	        printf("Hello MinGW!\n");
	}

コンパイル

C:\>gcc -o GccTest.exe GccTest.c

コンパイルしてできたexeファイルの実行確認

C:\>GccTest

実行結果
Hello MinGW!

スポンサーリンク