FMVA77WW(AH77/W) CPUファン交換忘備録

長らく24時間稼働していたFMVA77WW(AH77/W) のCPUファンから異音がしはじめて、あっという間に焦げ臭いにおいがしたと思ったらお亡くなりになりました。

高熱だったためしばらく放置したら電源が入って起動しそうだったのでCPUファンを注文、交換したいと思います。

お亡くなりになったCPUファン

FCN
BRUSHLESS MOTOR
FFAP DC5V 0.5A
6033B0032202 Rev.A01
DFS531105MCT
033116A
M2x4

どれが型番や製品名なのかわかり辛いですが、赤字の文字列でWeb検索すると多数のサイトが見つかりました。
富士通のノートPCによく使われている汎用品っぽいです。

パーツショップでぽちっとな。早速届いたCPUファン

左が新品、右が古い壊れたCPUファン

裏カバーの取り外し

写真撮り忘れましたがPCをひっくり返して、赤丸のところの細長いカバーを外し、
赤丸の3か所のネジを外します。
その後大きなカバーを外します。
すべてツメで引っかかっているだけなので、マイナスドライバーをねじ込んで外します。

バッテリーの取り外し

何をするにしても、とりあえずバッテーリーを外しましょう。

赤丸のところにスライドロックがあります。
すぐ下はバッテリーです。
スライドロックを解除するともう固定するものは何もないため、バッテリーを持ち上げることができます。

CPUファン交換

赤丸のところのネジを外し、赤四角の電源コネクタを抜くと簡単に外せます。

メモリ

SODIMM DDR4 8GBが1枚刺さっていました。
メモリを取り外してホコリを掃除機で吸って元に戻しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました