ディーラー外で中古で買った初代プリウスのメインバッテリー交換、交換費用は果たしていくらか?

By: Mic

我が愛車、初期型のプリウス(PRIUS HNW10型)が去年6月に、
ディーラー外で格安で購入した初代プリウスが、
ここ12?1月になって、よくメインバッテリー低下アラームである、
亀マークがよく出るようになってしまいました。

最近になって、停車時から加速しようとしたとき、電気で10cmほど動いた後、
すぐにエンジンがかかるのですが、
1秒ほどトルクが無くなる現象が頻発していました。
燃費も悪くなってきていて、リッター14km位しか走りません。

初代プリウス(HNW10)型は、ネットで調べた程度の知識で、バッテリー永久保証とはいえ、
中古で、しかも販売店と全く関係ないTOYOTAのディーラーで受付してくれるだろうか?
受付してくれても、ディーラーで半年点検とか、1年点検とかするのが前提で、
いろいろ条件をつけられないだろうか?
など不安を抱えながらTOYOTAのディーラーへ持って行きました。

鍵と車検証を預け、車はいったん整備工場へ運ばれしばらく待っていると、
事前に聞いていたとおり、バッテリーは無償交換とのこと。
工賃くらいは取られるのかな?と思っていたら、工賃も込みで無償とのこと。
しかも代車まで無料。

ええーー? この時代になんて気前がいいんだ!
メインバッテリーの手配と、代車の空きの都合で2月の初旬に整備予約を取りました。

ディーラーに1円も落とさないのは気が引けるので、メインバッテリー交換の時に、
オイル交換+フィルター交換くらいは注文しておこうかな。

バッテリー代も、整備代も、トヨタ本部から別途出るのだろうけど、
それにしても、ディーラーには感謝感謝。

初代プリウスだけど、まだまだ大事に乗ります、

スポンサーリンク