WiMAXモバイルルーター「URoad-Aero」実機レビュー 連続通信12時間、待機1000時間 8.4mmの薄ボディ

世界最薄のWiMAXモバイルルーター URoad-Aeroが
2013年2月20日に発売されました。
つい先日、ドコモの7GB超過で通信規制で、
128Kbps規制のオシオキモードを食らっている
真っ最中で悲鳴をあげていたところ、
通信量規制がないWiMAXに惹かれていましたので
早速契約してゲットして来ましたので早速実機レビューをします。
まずは大きさ比較用に、ドコモのNEXTシリーズ、
AQUOS PHONE ZETA SH-02Eと並べてみました。
スマートフォンより薄い!
「SH-02E」と「URoad-Aero」との大きさ比較

本体の付属品はこんな感じ
・説明書(マニュアル)
・保証書
・macアドレス、SSID、アクセスキーが書かれたシール2枚
・AC充電器
・USBーUSBminiケーブル
・クリーニングクロス
「URoad-Aero」付属品

ACアダプタの容量はAC100-240V対応で出力が5V 2Aと、かなり高め
「URoad-Aero」に付属ACアダプタ

本体の裏蓋を外すと本体に対して巨大なバッテリーが現れます。
バッテリー容量は3.8V 2080mAhと書かれています。
バッテリーを外すと、MACアドレスなどが本体に書かれています。
上部にはSSIDとアクセスキーが書かれていますので、手動で「URoad-Aero」の無線LANに接続するにはここを見ればいいです。
ちなみに裏蓋は最近の流行りである、多数の爪をパチパチとはめ込むタイプのモノで、あまり頻繁に付け外ししているとすぐに外れるようになってしまわないか心配です。
「URoad-Aero」裏蓋を外した状態。巨大バッテリー

別売の専用のクレードルも購入しました。(2,980円)
URoad-Aero専用クレードル

クレードル付属品
・取扱説明書
・保証書
・LANケーブル
CIMG3701

URoad-Aeroをクレードルに挿して見ました。
CIMG3703

背面にはBAFFALOのポータブルWiFi DWR-PGのクレードルにあったようなスイッチ、コネクタが並んでいます。
URoad-Aero専用クレードル 背面

この並々感が良いんですよ。
URoad-Aeroクリスタル・ウェーブ

というわけでまだ開封してほとんど眺めてるような状態ですが、しばらく使ってみて後ほど使用感をレポートしたいと思います。
私の使い方だと、朝家を出て返ってくるまで約13時間くらいありますので、その間バッテリーは持つのかなどが気になるところです。

ところでこのクリスタルウェーブ、見方によってはちょっとエロいかも(笑)
URoad-Aeroのクレードルがエロい

リンク
http://www.uqwimax.jp/shop/uroad_aero/

スポンサーリンク