RemixOSのクリーンインストール方法

スポンサードリンク

インストールメディアの作成

Remix_OS_for_PC_Android_M_64bit_B2016112101.iso をDVDに焼いてDVDから起動、

image

BOOTメニューですばやくTABキーを押して、以下のように書き換える。

キーボードレイアウトが日本語キーレイアウトと違うため、= 記号を1文字残しておくと良いだろう。
ちなみに = は^キーを押すと入力できる。

image

パーティションの作成

Create/Modify partitionsがデフォルトで選ばれているので、そのままOK

image

GPTを使用するか?

今どきのパーティション管理を使うか?と聞いてきていますが、特に必要ないのでNo

image

パーティション作成

NEWを選択。

image

Primaryを選択

image

ここで割り当てる容量を聞かれる。
ディスク全体を使うのであればこのままエンターキーを押下。
ディスクの一部を使いたいのであれば任意の数値(MB)を入力する。

image

起動できるようにBootableに変更する。

image

FlagsにBootと表示されていれば設定はうまく行っている。

image

ここまでの操作はまだディスクに反映されていない。
Writeを選んでディスクに書き込む。

image

本当に実行してよいかと聞かれるのでyesと入力。yではダメ。yesと3文字入力してエンター

image

書き込みが終わったらQuitを選択してパーティションの編集を終了させる。

image

Android-x86のインストール先を選択

今作成したsda1にインストールしたいのでそのままエンター

image

パーティション形式はLinux標準フォーマットである ext4 を選択する。

image

フォーマットをすると全てのデータが消えます。
本当によろしいですか?と聞かれているので、もちろん、いえーーーーーーす!を選択。

image

ブートローダーをインストールするか聞かれているので Yesを選択。

image

root化するか否か

インストールする際、ここが一番の悩みどころになるかと思います。
/systemディレクトリを読み書き可能にするかどうか聞かれています。
通常のAndroid端末は読み取り専用で、書き込み不可になっています。
ここでYesを選択すると /systemディレクトリを読み書きできるようになる、いわゆる root化になります。
root化していると起動できないようになっているゲームが多数ありますので、ゲーム目的でRemixOSをインストールするのであればroot化はしないほうが良いです。
ここでは、RemixOSで動かしたいと思っているゲームはrootチェックで引っかかることを事前に判明していましたのでNoを選択しました。

image

これよりインストールが始まります。

image

最後に Android-x86を立ち上げるか、Rebootするか聞かれるので Rebootを選択します。

image

メディアを取り出しリブートをすると RemixOSが立ち上がってきます。
初回のみかなり待たされるので気長に待ちましょう。

image

RemixOSの設定

ここから実際に使えるように設定していきます。
起動直後は English しかありませんので、Englishを選択

image

何かよくわからないけど、Agreeを選択。

image

有線LANで接続している場合、Wi-Fiのセットアップは Skipで構わない。

image

GooglePlayを使えるように設定。
といっても、Nextを選んで先に進めばもうGoogle Playが使えるようになっています。(アカウント情報の入力は必要です)

image

このままでは日本語表示が出来ていませんので Settingから変更します。

image

Language & input を選択

image

Language English(United States)を選択

image

一番下に「日本語」があるので選択

image

日本語表示されました。

image

ゲーム用にするのであればここまでの設定十分ですが、日本語入力が出来ないと何かと不便なので日本語入力環境を作ります。
Playストアに移動し、Google日本語入力やATOKなどをインストールすればOKでしょう。
image

PC-9801のMS-DOS時代からATOK一筋なので、ATOKをインストールしました。
image

日本語109キーボードに対応させるには、このソフトがおすすめです。

image

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする