無償のWordPressテンプレートテーマを企業HPなどに使うことのリスク

個人や企業のHPを無償のWordpressテンプレートテーマを使って構築したとき、
ある日突然テンプレート作者から、「あなたの企業のHPは後日使うことはできません」
と言われるかもしれません。

商用利用OK、ライセンス表記不要のワードプレスのテンプレートを無償で配布しているサイトがあります。

無料WordPressテンプレート(テーマ)配布サイト|テンプレートキング by ファーストサーバ
完全無料・商用利用可!WordPressテンプレート(テーマ)配布サイト「テンプレートキング」。ファーストサーバ運営。

気になる表記が。

2019年12月24日サービス終了とありますね。

「テンプレートキング提供終了について」を見ると、

(一部抜粋)

■ご注意事項
サービス提供終了にともなって一部変更された利用規約をご確認ください。
サービス提供終了後のテンプレートの取り扱いについては利用規約をご確認ください。
▽利用規約
https://www.templateking.jp/rules/

 

利用規約(一部抜粋)を見ると・・・
https://www.templateking.jp/rules/

そして2019年12月24日から適用される規約を見ると・・・

つまり2019年12月24日で使用許諾を取り消し、以降テンプレートキングからダウンロードしたテンプレート使い続けることはできず、たとえデザインをカスタマイズしてあっても破棄しろということです。

利用者に不利益を与える重大な記述を、このような目立たないところで告知するのか意図不明ですが、どちらにしろ無償のワードプレステーマを企業HPのテンプレートに使うとき、よくライセンス項目を読んで、永続ライセンスか一時的なライセンス付与かを理解して使用しないと痛い目を見る例でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました